床についたキズの補修について

by:

対策生活/暮らし

引越しや家具の移動でうっかり物を落としたり、引きずったりして床にキズを付けてしまったことはありませんか。特に新築の場合はうっかり付けてしまったキズに対しましては、凄く気分が落ち込んでしまいますよね。そんなとき、どうやって補修するのか。考えてみましょう。

まずは、自分で直す方法です。ホームセンターなどでキズを補修するキットなどが売っていることがよくあります。クレヨンみたいなもので、それを蝋みたいに溶かして流しこむ方法やクレヨンみたいに擦りつけて直す方法が一般的ですが、色を合わせるのがなかなか大変で、イマイチ色が合わなくてかえって目立ってしまうこともよくありますよね。では、元通りに近い形にどうやったら直せるのか。

それは思い切ってプロにお任せするのが良いと思います。プロの方はさすがにやり慣れているだけあって、色合わせから細かいキズに合わせて綺麗に補修してくれます。もしもしっくりくる色が無かった場合は色の調合などもしてくれるようです。微妙な色の違いもありますし、中には木目調のものに対しましては、素人ではなかなかその木目までは再現できません。

何色も使って下地からその上に木目を描く作業もあって難しそうですが、さすがプロは綺麗に修復した個所が分からないように直してくれます。後でじっくり目を凝らして観察したり、手で触っても分からないくらいに補修されていて、その技術力の高さには思わず感心してしまいます。うっかり付けてしまった床のキズ、落ち込む前にプロに任せてはいかがでしょうか。きっと満足のいく補修をしてくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です