大手と地元密着型の外壁塗装業者の比較

by:

リフォーム生活/暮らし

外壁を塗装する場合であれば、業者選びが大事になる事は言うまでもありません。外壁塗装業者を選ぶ場合には、大手リフォーム会社と地元密着型の業者があります。この両方の業者のどちらを選ぶべきでしょうか。それぞれの特徴について知っておく必要があります。

二つの外壁塗装業者を比較した場合には、それぞれに特徴の違いがあることがわかります。まず、大手リフォーム会社の場合には、仕事を受けた件数が多いため経験値が高いのです。ただ、実際に外壁塗装をするのは下請け業者になります。また、大手リフォーム会社は全国的に有名なことが多く、地元密着型の外壁塗装業者と比較すると信頼度が高いという特徴があるのです。

やはり、100万円ぐらいする塗装を任せるのなら信頼できる業者に任せたいと考える人も多くいるのです。これに対して地元密着型の業者の特徴は、規模は小さいながら長年にわたり地元で活躍していますので、その地元の気候などを明確に把握しているため、適切な提案をすることができます。また、大手リフォーム会社と比較をした場合でも直接その業者が工事をするため、職人によって塗装の出来が異なるという事はあまりありません。大手業者の場合や下請け業者を使っている業者の場合は下請けをする職人によって塗装した後の結果が大きく異なるのです。

このように考えると地元密着型業者は安定感があるといえます。さらに、下請けに出さない業者であればその分中間マージンが発生することがありませんので安い費用で塗装することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です