外壁塗装業者の比較は相見積もりで

by:

生活/暮らし騒音対策

外壁塗装をする場合には、意外に大事になるのが業者選びになります。外壁塗装業者の中には悪質な業者も混ざっていますので、見極めることが重要になります。実際に業者に対するクレームは毎年増加傾向にあり、消費者センターの情報によれば、1日におよそ10件から15件のクレームが全国であるのです。そこで、外壁塗装をする場合には業者の比較をすることが大事になります。

外壁塗装業者の比較として簡単な方法が相見積もりをすることです。相見積もりというのは、複数の業者に見積もりをお願いしてその中で見積額を比較をすることです。初級者の場合には相場を知ることがわかるという意味で相見積もりをするメリットがあるといえます。たとえば、5社に見積もりをとった場合その平均が相場ということになります。

また、悪質な業者が混じっていた場合やたらと高い見積額を提示することがありますが、相見積もりをすることでその業者を初心者でも見抜くことが可能になるのです。中級者であれば、使う塗料についてもみることができます。たとえば、一戸建て住宅の外壁を塗装する場合、シリコン塗料を見積もりに提示している業者は平均的な塗料を使うことを計画している業者であることがわかりますが、フッ素系塗料のような高機能性塗料を使うことを計画している業者があるとすればその塗料を使う理由を聞いておきたいところです。施主が望んだのであれば別ですが、そうでなければ一戸建てにわざわざ値段の高い高機能性塗料を使う必要はないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です