外壁塗装の塗料の比較からわかること

by:

生活/暮らし視線対策

いざ外壁塗装をしようとしても、普通の人は外壁塗装に関しての知識がほとんどないためどのような塗料を使ったら良いのかがわからないはずです。それにもかかわらず塗装は100万円以上することがあります。なぜこれほど高価なものに対して多くの人が無関心でいられるのでしょうか。それは価格について分かりにくいことや専門用語も多く塗装関係者以外はなかなか知ることができないからです。

塗装に関する説明をしてくれる人も少ないと言うのも理由もあります。ですが、やはり高いお金がかける以上は塗装について興味を持っておく必要があります。外壁塗装でしたいことの1つに塗料の種類があります。外壁塗装について値段を比較する時、塗料が大きな鍵を握っているのです。

なぜなら、塗料によってずいぶんと値段が違うからです。外壁塗装の塗料の比較すると、安いものでアクリル系塗料があります。耐用年数は8年ほどになります。これに対して、高い塗料はフッ素系塗料などがあります。

耐用年数はアクリル系塗料のおよそ3倍になります。この2つの値段を比較するとアクリル系塗料は1平方メートルあたり1,200円ほどでフッ素系塗料は1平方メートルあたり4,500円ほどになります。この2つを比較するとアクリル系塗料の方が安く感じますが、何度も短期間に何回も塗装するとその分足場代や高圧洗浄費用などもかかるため、20年以上は塗装をしなくて済むフッ素系塗料のほうが安くなるのです。このように、比較をする場合には長期的な視点で見ることが大事になります。

窓の視線対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です