注文住宅の依頼を行う工務店選びのポイントについて

by:

生活/暮らし防熱

注文住宅では自分の理想としている住宅を実現できるので、マイホーム建設を計画している人にとって夢をかなえられるものと言えるでしょう。注文住宅の建設を依頼するときには、ハウスメーカーや工務店、設計事務所に依頼することになります。ハウスメーカーは大手の建設会社として多くの情報がありますが、一方で工務店の場合には客観的な基準や情報が少ないと言えます。注文住宅の依頼先を選択するときには、優先させるものとしてプランや金額の安さで選択する人が多いと考えられます。

プランは現実的に住宅に住んで生活を行う際の住宅における青写真となるものですので、当然優先させるべき事項となります。金額については、安さを重視しないことも大切になってきます。注文住宅の依頼を工務店に行うときには、工務店は自社内で監理を行うものとなりますので、契約を締結してしまうと工事の内容が建て主にはわかりにくくなる特徴があります。工務店選びを行うときには、金額以外の部分も重要視する必要性が高く、信頼性や担当者との人間関係上の相性、実績や技術力、保証の内容など様々な分野において総合的に判断して選択することが大切です。

工務店選びの信頼性の確認に役立つものとして、完成保証に加入しているかどうかを見ることがおすすめです。完成保証とは一定の水準を満たしている工務店が受けられる制度となっているもので、工務店が施工の途中で倒産した場合であっても、他の工務店が工事を引き継いでくれる制度になります。倒産の危険性の高い工務店の場合には、完成保証に加入できないことになっていますので、工務店選びとしての信頼性を計る指標になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です