注文住宅では工夫やアレンジを行うことが可能です

by:

対策生活/暮らし

注文住宅をはじめとして住宅関連の気になる点として、持ち家と賃貸住宅では一生涯に支払う費用はどの程度になるのかという点があります。それほど変わらないという結論に至る場合も多いですが、費用だけの比較をしても意味がないと言えます。家賃の場合には相場というものがあって、金利や地価、貨幣価値、需給のバランスなどの要素によって変動するものとなりますが、持家の場合には住宅ローンを組むケースがほとんどですので、それによって毎月の支払金額が固定されると言えます。住宅に関する費用としては、数十年先の日本における経済状況を予測することは難しいですので、賃貸と持ち家とでどちらがお得になるのかという計算をすることはできません。

費用面で比較することが難しいと考えた場合には、自分や家族のライフスタイルや価値観が優先されることになります。持ち家のメリットは自分自身が所有者となることで、他人に気兼ねなく安心して住める点と言えます。賃貸物件であれば壁に釘を打つことも気になりますし、リフォームなどを行うことが難しくなります。現在では一家の大黒柱に重大なことが起こった場合でも、持ち家であれば団体信用生命保険がありますで残債が清算されて、残された家族は負担を受けることなく住み続けることができます。

注文住宅であれば、エコ住宅にしたり、エネルギー面で工夫をすることも可能になります。様々な自分に合わせた注文住宅を建てることが可能となって、自分好みの生活をアレンジできるメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です