注文住宅で採用できる断熱工法

by:

生活/暮らし騒音対策

注文住宅では自由に設計できることで基本性能の高さにもこだわることが可能です。基本性能には色々なものがありますが、どんな工法でも採用できるのが注文住宅の強みとなります。断熱工法には大きく分けると内断熱と外断熱がありますが、性能の高さと共にコストも検討することが大切です。内断熱は外壁に面した壁の中に断熱材を充填するのが特徴ですが、充填できない部分が多いために効率は悪くなります。

柱のある部分には充填できませんのでその分だけ断熱効率は劣りますが、古くから採用されている工法ですから安価にできることも魅力ですし、リフォームのついでにできるのもメリットになります。外断熱は外壁に断熱材を使用するのが特徴ですが、全てを囲い込むことができますので効率の良い工法となります。構造体の中に入れるか構造体の外を覆ってしまうかの違いとなりますので、その差は想像以上に大きくなります。断熱材は床から壁、天井まで建物周囲を囲い込むのが基本となりますので、囲めない部分が多いほど性能が劣ることになります。

注文住宅は色々な部分にこだわることが可能ですが、基本性能の高さは長く生活に関わりますので、断熱工法にもこだわりを持つことが大切です。外断熱では外壁部分が重くなるため施工方法や品質が悪いと外壁がずれ落ちてしまうことがあります。施工品質の高さはもちろんですが、施工業者の技術力に関わる部分ですから業者選びが重要なポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です